横山久美

4月21日(土)AM2:00~

2018年アジアカップ決勝戦  オーストラリア vs なでしこジャパン

 

真夜中に関わらず、多くのなでしこファンがテレビに釘付けだったのでは。

予選リーグでは1-1のドロー。オーストラリアはフィジカル強くパワーある攻撃が持ち味。

日本はオーストラリアに攻め込まれながら、粘り強い守備で我慢しながらワンチャンスを活かすサッカーになることは予想されていた。PK止めたGK山下も凄かった。

 

オーストラリアは世界ランキング6位、日本は11位でオーストラリアは格上である。

日本のランキングが2桁まで落ちたのは高倉監督が就任してからだ。

 

オーストラリアは米国にも最近勝利してきて、来年のW杯では優勝を目指している。

日本は予選リーグで勝利すればW杯決定する韓国戦で横山を終了5分前から出場させ引き分けで終わってしまいW杯決定できず、予選最終戦のオーストラリア戦にW杯出場をかけることになった。

最大の敵相手にW杯出場をかけなければならなくなったのは明らかに作戦ミス。韓国戦は後半韓国の足が止まり、もっと早く横山を投入し勝利をもぎ取れば予選最終戦までW杯決定が伸びずに済んだ。予選最終戦オーストラリア戦に負けたならば、日本のW杯出場は危うかった。

 

準決勝中国戦、決勝オーストラリア戦と横山を後半から途中出場。明らかに高倉監督のFWの序列は岩渕、田中、菅澤で横山は3or4番手。岩渕は全試合先発フル出場と一番信頼が厚かった。

横山がスタミナ不足でサブ扱いされていたのではない。

横山は高倉監督就任前からなでしこジャパンのエースであったし、圧倒的な個で勝負できるゴールゲッターであった。田中でも岩渕でも菅澤でもなかった。

更に現在ドイツの厳しい環境で10番を背負って頑張っている横山をエースではなくサブ扱いするという全くプライドを傷付けられたはずだ。

それでも腐らず圧倒的なパフォーマンスにより準決勝・決勝で決勝点を挙げ結果を出した。

天晴!横山久美。本物のゴールゲッターである。

以前、澤穂希さんが横山を評して今まで日本女子に存在しなかったFWで、自分より遥かに凄いと語っていた。

岩渕をエースとテレビでは言っているが、岩渕はドリブルはキレキレで横山を凌ぐかもしれないが、シュートの精度、決定力は横山が凌ぐ。やはり日本のエースは横山だ

おそらくなでしこジャパンの選手各自が一番分かっているはずだ。本田監督が育て上げたパルセイロレディースのエースが日本のエース

 

W杯は来年であり、高倉監督がW杯でも監督でいるかは分からないが、横山のプライドを傷付けて、最終的に横山に助けられたという結果に対し高倉監督が今後、横山をどう扱うのか注視していきたい。

 

コメントして下さい。TwitterやFacebookのSNSのIDでコメントできます。宜しくです