ロシアW杯セネガル戦

2018年6月25日(月)0:00~ 予選リーグ vs セネガル戦

 

パルセイロファミリーとしては土曜日はトップがYSCC横浜とリーグ戦、日曜日はレディースがジマステラ神奈川相模原カップ戦があり、共に勝利し日曜日の深夜、日本代表をTV前で応援。結果は皆さんご存知通り2-2のドロー。

 

1失点目は明らかにGK川島のミスによる失点。あの低い弾道のシュートを前にパンチングした球に詰めていたマネに当たり失点。

キャッチするかCKに逃げるかの選択では。このミスについては多くの外国メディアでも指摘されている。永年日本代表のゴールマウスを守ってきた川島ですが、川島は所属先決まらずにいた時期は代表からも外れていて、所属先決まり代表に戻ってから低調な印象。

予選リーグはこのままポーランド戦も川島を先発させるのか、替えるのか注目。

 

同点に追いついたのは柴崎の相手DFの裏を狙ったキラーフィードパスに走り込んだ長友が絶妙なトラップでDF陣を置き去りにし乾へパスし、が得意の左45度からGK右側を巻くよう狙いすましたシュートで同点。がスペインリーグで得点している得意コース。

柴崎性格無比なパス長友の体幹バランスの強いトラップ・切替し乾の素晴らしいコントロールショットが繋がった得点。

 

セネガルの2点目はマネからのパスを受けた選手が完全にPA内で反転しグランダーパスを走り込んだDFが蹴り込み失点。

従来の日本ならここで勝負ありの敗戦パターン。だが昨夜はTVで見ていてもこのまま終わらない雰囲気がずっとしていた。

 

大迫のゴール前浮かしたクロスに相手DF・GKが潰れ、ボールをが持ち相手ゴールラインすれすれからゴール前グランダーパスを岡崎相手GKを抑えるように体を倒しフリーの本田が左足でゴール右隅へ蹴り込んだ。同点ゴール

やはり結果を出す男だKEISUKE  HONDA

大迫⇒乾⇒岡崎⇒本田の連系による得点。岡崎の黒子的な泥臭いプレーが本田の同点弾を生んだ.

 

柴崎からのグランダーパスを大迫が空振りには「えっ~」触るだけでゴールだったのに。

セネガルを仕留め逃した残念プレー。大迫、ポーランド戦は頼む!半端ないゴールを!

 

全体通して、明らかに個の力はセネガル選手が上だが、日本は人数掛けて相手を自由にさせず、相手のボールを奪い取るプレスが効いた。セネガル選手との身長差も感じない程、PA内でもヘディングで勝っていた。

 

庄子以外の先発陣は全て海外クラブ所属であり、其々のリーグ、クラブの中で競争し、日頃から外国人選手とマッチアップしている。この各国代表レベルの選手達と日頃から戦っている経験

これは何にも代えられない経験であり、この経験が共有されることで落ち着き&冷静なプレーを実現させてくれているのではないか。それと西野監督の選手交代がピタリ当たる。

 

以前ブログに書いた「本田圭祐のプロフェッショナルとは」の有言実行のKEISUKE 

 

HONDAを最後まで期待したい。西野監督が選んだ選手達。最高の結果の目撃者になりたい。

 

FORZA JAPAN!