ロシアW杯ポーランド戦

2018年6月28日(木)23:00~ 予選リーグ vs ポーランド戦

 

サムライブルーが決勝トーナメント進出決定!

 

試合前のH組は

日本とセネガルが勝点4で1位2位、コロンビアが勝点3で3位。

 

ポーランドは後半早々に先制。同時刻に開始したH組のもう一つのコロンビアvsセネガル戦は日本が先制された時点では0-0のまま。このまま終了すれば日本が3位で予選敗退。

後半30分コロンビアが先制した。このまま終了すればコロンビア1位、日本2位、セネガル3位となる。日本・セネガルは同勝点4、得失差同じためイエローカード差で日本が上。

残り時間15分ある状況

 

西野監督はここでこの状況のまま終了させる決断をした。

セネガルが残り15分で1点入れれば日本は敗退となるし、日本が1点入れてポーランドと引き分ければ、自力でベスト16へ進出できる。このまま終了させるとは他力に頼るということ。

 

西野監督はセネガルがコロンビアに追い付かないと分析して、日本はイエローカードを貰わず0-1のままの負けを目指した。

 

この判断って、凄くリスキーだし西野さんの読みが外れたらめちゃくちゃ叩かれて、サッカー業界から追放されかねない。

 

しかし、西野監督の狙い通り終了。コロンビアが1位、日本が2位で決勝トーナメント進出。

西野監督は目指していた決勝トーナメント進出のミッションをクリアさせた。

 

外国含めたメディアから批判されているが、談合とは言えない勝負に勝った。

談合は予め決定している事に合わせていくことだが、残り時間15分で他力含めてどうなるか分からない状況に対し、決断して勝ったんだ。

 

プロフェッショナルな選手・監督が集まるワールドカップ。

西野監督はプロフェッショナルとして結果を出した

西野監督って今までの日本代表監督の中で最も凄い監督かも

 

決勝トーナメントの相手はベルギーに決まり、西野監督の緻密で大胆な戦略を講じてベルギーを撃破して初のベスト8を目指して欲しい。

 

ポーランド戦で先発を6人入れ替えて戦ったが、ポーランド戦出場しなかった主力は休養となり体調を万全にして泥臭く勝利して欲しい。

 

本田圭佑、香川真司、乾・大迫の得点柴崎キラーパス

大期待!

 

FORZA JAPAN!