パルセイロを愛するサポーターの部屋



次の試合


AC長野パルセイロ第24

AC長野パルセイロ vs C大阪U23

9 月29日(日)18:00キックオフ

ヤンマースタジアム長居

 

 

 


AC長野パルセイロについての情報です



第23節AC長野パルセイロ vs 藤枝MYFC



先発は

GK…小澤(#1)

DF…左から国領(#22)、大島(#3)、浦上(#30)、

MF…左から内田(#18)、新井(#24)、山田(#29)、吉村(#20)

FW…有永(#25),竹下(#27),木村(#11)

交代は56分竹下→斎藤(#39)

   67分木村→東   (#14)

   77分吉村→三上(#19)


2019.9.15(日)PM5:00試合開始 藤枝MYFC

 

後半戦スタートして3連勝後2連敗してしまい、ブレーキがかかってしまった長野。

今節は好調2位の藤枝MYFC戦。前半戦アウェーでは0-2で敗戦。要注意選手の森島(#20)に2点やられた。藤枝の好調さはエース森島中心の攻撃と堅守が理由。

 

 結果は0-0のスコアレスドロー。

 

 内容としては決定的チャンスは長野の方が多かった。前半の竹下(#27)と後半終了間際の三上(#19)ノーマークで狙い定めたシュートミス。

 

FWが決めるべき局面で決められない。これじゃ勝点積み上げられない。

特に竹下は前半戦特に先発が多かったが、決めるべき局面で決めれない。

藤枝戦みていても、前半戦の残念なパフォーマンスと全く変わってない。

 

藤枝の森島(#20)のような決定力あるFWがいれば、長野の順位も上位にいたはずだ。

 

FWは育てて開花を待つかだが、試合の勝敗に直結してしまうポジション。

多くのFWを見てきて急に得点力が上がる選手は殆どいない。

群馬の高澤はルーキーでサポさん達は全く期待してなかったのが、大化けしたと言っていた。

 

長野はFWをどうするかだ。長野の選手で最近2桁得点した選手は佐藤悠希の4年前の12点が最後。やはり2桁得点する選手が出てこないとエース不在であり

誰を中心に点を取るのか。困ったときのエースに任せる事が出来ない。

試合毎にヒーローが変わって勝ち続けるのは難しい。

膠着した展開の中でワンチャンスで決め切るエースFWの不在が長野の混迷の一番の原因と考えられる。宇野沢、佐藤の後継者がいない。

才能有る選手がいても早く開花しなければ、沈んだままだ。

 

実績あるFWの獲得が最優先かと思う。津田(#9)の凄さを見れば明確だ。

90分フル出場が厳しく途中出場の時間の中での決定力は現在の長野では抜群だ。ただ90分フル出場は無理であり、怪我等あるとシーズン通して2桁得点は難しい。

 

藤枝は明らかに森島に得点させる為の組み立てを明確にしていたし、森島は今季の出場時間はエースそのもの。

 

 

 

 

ただ第2位の藤枝相手に負けなかったという最低限の結果で0に抑えたという事は良かったのでは。

  

千尋の谷底へ落ちて這い上がれずに沈んだまま。

絶対勝つという気持ちを獅子たちとサポも共有して勝ちたい。

 

  

この長野にパルセイロがある限り、後押しは変わらない。  

 

 Forza Parceiro!

 

#acnp #AC長野パルセイロ  #藤枝MYFC






Gallery


キックオフパーティ(3/3)

ビッグフラッグ


2019年一体感for Dream