パルセイロを愛するサポーターの部屋



次試合

第9節 AC長野パルセイロ VS 鹿児島ユナイテッドFC

2020年8月9(日)18:00開始 長野Uスタジアム

AC長野パルセイロ  VS 鹿児島ユナイテッドFC



AC長野パルセイロについての情報です

                                                                        2020年観戦記


第8節 AC長野パルセイロ VS ガンバ大阪U23

2020年8月2日(日)18:00開始 長野Uスタジアム


先発は

GK…立川(#21)

DF…左から水谷(#17)、浦上(#4)、喜岡(#2)、川田(#29)

MF…ボランチ坪川(#24)、藤山(#8)、

左から大城(#23)、東(#10)、三田(#14)

FW…木村(#11)

交代は47分大城→佐相(#15)、58分川田→吉村(#20)、木村→佐野(#13)、76分喜岡→遠藤(#3)、88分東→岡(#19)  




2020年8月2日(日)18:00~ 長野Uスタジアム

 

「辛勝」「粘勝」

 

前節はヴァンラーレ八戸2-2のドロー。4位→5位となり首位との勝ち点差「9」に開き、2位との勝ち点差「4」のまま。

 

ガンバ大阪U23は5連敗中で下位にいるが、個人技に優れ集中力が落ちるとやられてしまう

もう上位との勝点差を離されたくない為、絶対勝利が必要だった。

 水曜日の試合から中三日しかなく、選手たちの疲労度が心配だった。

 

結果は1-0の勝利。最低限の結果は出せた

 

1点目は76分、坪川(#24)のCKがクリアされて、そのボールを東(#10)抑えの効いた強烈左足ミドルが相手GKを襲い、パンチングしたボールを佐野(#13)がダイビングヘッドで押し込んだ。

前半からの流れで中々チャンスを作れなかった長野。細かいパス回しやダイレクトパスから崩す攻撃に行く前にG大阪U23の選手達に逆にやられた感じがした

やはり個人技はG大阪U23の選手達の方が上だった。

こういう相手と戦う場合はロングボール、特に相手の裏を狙うパスを多用したほうが有効だと思っていたら、後半は増えた印象。

こういう試合はFK、CKからの得点で決まるかなと思っていた矢先の佐野のゴール。

 

東の思い切りの良いミドルが生んだ佐野のゴール!

昨年までの長野だと0-0のままか、相手に走り負けてゴールを奪われる事が多かった。

今年の長野は走り負けないから最後まで体で相手のシュートブロックやプレスに負けない

 

ただ、東(#10)、三田(#14)、藤山(#8)、坪川(#24)のような運動量豊富な選手がずっと出場していて、少し疲労が心配になる。

今季初先発の立川(#21)のプレーは安定感有り、相手のPA内の出足を鋭い飛び出しで消していた

次節まで1週間あるので長野の選手達、充分休息を取り、疲労を抜いて欲しい

 

 首位秋田はまだ1失点で全勝中。2位も勝利したため勝点差は変わらず。

長野は確実にチーム力を向上させながら、追撃あるのみ。

 

 

堅守から多攻の浸透を!

 

やはり複数得点を常にあげて得点力をUP!

 

   

この長野にパルセイロがある限り、後押しは変わらない。  

 

 Forza Parceiro!

 

 

 #acnp #AC長野パルセイロ  #ガンバ大阪U23







Gallery


キックオフパーティ(3/3)

ビッグフラッグ


2019年一体感for Dream