パルセイロを愛するサポーターの部屋



次の試合


AC長野パルセイロ第10

AC長野パルセイロ vs カターレ富山

6 月2 日(日)14:00キックオフ

長野Uスタジアム

 

 

 


AC長野パルセイロについての情報です



第9節AC長野パルセイロ vs 福島ユナイテッドFC


明神選手のJ550試合お祝いのプラカードを掲げてくれました。

パルサポなら皆さんご存知の?さんです。(顔写真は加工させていただきました)

明神愛に溢れたプラカード有難うございました。


 

【出待ち中のハプニング】

 

福島のキャプテン阪田選手(元パルセイロ)がパルセイロの選手達と立ち話していて、集合写真をいただきました。

 

明神、松原、大島、有永、西口、阪田

内野、東 選手方々有難うございます。

 

みんな良い笑顔でした。

盗撮ではございません。(^o^)

 

 

出待ちしていて、決勝点入れた

ヒーロー山田陸選手登場です。

 

疲れているのに嫌な顔一つせず

サポーターに丁寧に愛嬌たっぷりの

ファンサービス。人気沸騰しそう!

 

その後、バスに乗り込む横山監督に

「ありがとうございます」と声をかけさせていただきました。

丁寧に挨拶され、離れて見ていた女性陣にも会釈され、女性サポの心鷲掴み!

横山監督の気遣いの丁寧さを感じ、尚も応援したい監督さんです。


先発は

GK…小澤

DF…左から松原(#2)、大島(#3)、

   内野(#4)

MF…左から内田(#18),明神(#17)、山田(#29)、有永(#25)

FW…東(#14),三上(#19),1トップ竹下(#27)

交代は後半32分三上→大城(#23)

     32分竹下→津田(#9)

     41分東→堂安(#8)

 

明神(#17)が前節に続き先発した。

津田(#9)が途中出場で今季初出場。

松原(#2)がリーグ戦初先発した。


2019.5.19(日)PM1:00試合開始 福島ユナイテッドFC

 

福島とは3年程勝利していない。長野には苦手意識がある。更にアウェーということで

メディア、サポーター間でも苦戦する予想があった。

 

ただ相模原戦天皇杯県決勝戦を観戦してきて個人的には横山監督のサッカーが浸透してきており手応えを感じていた。それが本物か否かを確かめるには最適な相手とアウェーという状況。

 

結果は2-1の快勝内野(#4)山田(#29)の前半に2得点。

 

前半6分、松原(#2)ロングスローから(内野#4)がヘッドで競って、こぼれたボールを内野が足でシュートしGoaL。内野今季初ゴール。

松原のロングスローコーナーキックやフリーキックより精度が高いセットプレーとも言える。松原の武器が活きた

 

40分には山田(#29)三上(#19)竹下(#27)間のダイレクトパス回しから相手DF陣を崩し有永(#25)がセンタリングをゴール前へ流し、三上(#19)が倒れながらのシュート!ゴールポストに弾かれたボールを三上が丁寧に山田へパスし、

山田(#29)豪快なミドル・ゴラッソGoaL!!!

 

山田はボールをインステップで蹴り上げ猛スピードで唸りを挙げてキーパーの手に触れずにゴール上に突き刺した。

こぼれたボールのミドルシュートはボランチに求められるシュートだ。完璧。

 

有永(#25)のPA外からのFKが惜しくもゴールならずだったが、相模原戦のFKといい、相手の壁を越え落ちるボールを精度よく打っている。素晴らしいキッカーだ。有永こんな凄いFKいつの間に蹴れるようになったのか。きっと努力の賜では。

 

守備は全体通して相手のシュートコースに体を入れるヘディングで負けない、マンマーク守備の徹底球際で負けない積極的守備が徹底されていた。唯一長野が2枚変え(三上→大城(#23)、竹下→津田(#9))直後に福島の途中出場のイスマイラ(#20)への単純なクロスを身体能力差でヘッドを決められた。

交代後のマンマークのズレが原因かもしれないが、ちょっとした隙を突かれた。

よくあるパターンかと。マークの徹底を

 

大城(#23)が後半途中出場した。相手の裏への飛び出しドリブルで抜くスピード素晴らしいが、シュートタイミングを逸した場面が複数あった。ゴール前までドリブルで持って行けるため、自分でこじ開けてシュートするのか、味方との連系パスで崩してシュートするのか、大学時代ならシュート打てたが、プロは簡単に打たせてくれない。ここから大城が自分のプロとしてのスタイルを築いて欲しい。応援したい。

  

ボランチの明神(#17)が前節同様先発で躍動感ある数々のプレーを魅せてくれた。

J試合550試合の記念ゲームとなった。これで今季3勝は全て明神の出場試合だ。

 

また本日20日のTMでは妹尾(#7)が2得点した。得点のイメージを他選手と共有して、公式戦での得点を待ちたい。

  

今季初のリーグ戦連勝!公式戦3連勝! 次のリーグ戦はカターレ富山

 

攻守の切替の速さやインテンシティ(球際の激しさ)が手たちの意識やそれまでの練習でチームとして共有されてきている。

  

 

横山監督の目指すサッカーの浸透の手応えを感じる。

 

この方向性を信じる。現地又はDAZNで観戦のサポーターは感じているのでは!

ここから上げて上げて連勝するように横山パルセイロを後押し。

 

堅守多攻まだまだ出来る!どんな型でも得点を!堅守の徹底を。

 

【 For Victory】次戦は「カターレ富山」

 

勝利のために 熱く戦え 富山倒せ 荒れ狂え 長野!

 

 

この長野にパルセイロがある限り、後押しは変わらない。  

 

 Forza Parceiro!

 

#acnp #AC長野パルセイロ  #福島ユナイテッドFC #横山監督 






Gallery


キックオフパーティ(3/3)

ビッグフラッグ



2019年一体感for Dream