パルセイロを愛するサポーターの部屋

                                                                       アウェーサポの一言


次試合

第25節 AC長野パルセイロ vs 福島ユナイテッドFC

2022年9月18日(日)18:00~ 長野Uスタジアム

AC長野パルセイロ  VS 福島ユナイテッドFC



AC長野パルセイロについての情報です

                                                                        2022年観戦記


第24節 AC長野パルセイロ vs FC岐阜

2022年9月10日(土)19:00~ 岐阜メモリアルセンター長良川競技場


フォーメーション:4-2-3-1 

先発は

GK…大内

DF…水谷,秋山,池ヶ谷,藤森

MF …坪川,宮阪

   森川,三田,佐藤

FW…山本

66分…坪川→宮本

76分…三田→山中,森川→デューク,

81分…藤森→乾,宮阪→小西


【試合前に観光】

・長良川競技場からも近い「岐阜城」へ試合前に行きました。岐阜城は初めて訪れました。

織田信長、斎藤道三ゆかりの城で興味持ってました。天守閣からは長良川競技場もよく見えました。


【先制点&PK取られた】

82分、水谷のFKを交代で入ったナイスヘッドで倒れながら先制点ゲット。

ロスタイムでPK取られた!


2022年9月10 日(土)19:00~ 岐阜メモリアルセンター長良川競技場

第24節 AC長野パルセイロ vs  FC岐阜

 

アウェー岐阜に現地参戦したのは初めてでした。隣県なのに遠かった。

今季初の声出し応援が出来て、目頭が熱くなった。やはりチャントは熱くさせてくれる!

 

FC岐阜とは前半戦も終盤ロスタイムに追いつかれて、今節も同様に追いつかれた。

 

終盤に加入したばかりのが交代で入り最初のプレーで水谷のFKをヘッドを決めた。

ヘッド強そうなCBが加入してきた。J2で200試合以上の経験の選手。今後期待!

 

しかし岐阜としてはPKで追いつくしか考えられない状況だった。

先週のいわき戦では完全なPKを貰えず、今節の秋山が取られたPKは現地でも分からず、帰宅して、DAZNで確認しても分からないPK。

全体として岐阜の方が内容的に勝っていたが。

 

長野はPK貰えず、取られてばかり。これはこの8年間サポとして見てきての実感。

具体的なシーンはDAZNで確認できる範囲でクラブとしてリーグに抗議しているのか。

クラブフロントに頼むしかないです。

 

監督がビルドアップにこだわって、長野に定着させようとしているのは分かる。

が、それは対戦相手の力量と時間帯におけるリスクを考え勝つ事を優先すべき。

 

岐阜戦は終盤先制した後も、ロスタイムに入る時間帯においてもビルドアップをしていて、そこを突かれてPKを与えてしまった。

 

この時間帯において勝っている or 同点状況で何を優先させるべきか?

 

・PKを与えない事(長野は特に)

・自陣ではなく相手陣内でのプレーを心掛ける

 →PK、得点される可能性は低い

 

ビルドアップは自陣PA内でのプレー、奪われれば即ピンチ、PKのリスク

 

長野のビルドアップが相手に奪われず完璧に出来る自信&技術&連係が構築できていれば別ですが、現状備わっていないと見える。

 

→通常の時間帯にビルドアップは作戦として凄く分かりますが、

勝っている又は同点状況で、この終盤の時間帯でのビルドアップはリスクでしかない。

 

岐阜戦で先制した時間帯以降ビルドアップを止め、ロングボールを相手陣内へ放り込みセカンドを拾う作戦を徹底していれば、PKを与えるリスクは限りなく低減でき逃げ切れた可能性が高かったと思う。

状況に応じたリスクを意識した作戦の徹底が不足していたのでは。

 

 

 

負けたような感じでの帰路となってしまった。途中多くのパルサポさんとSA、PAで会えて、熱心なサポは健在!

 

シュタルフ監督&選手&サポーターのOne Team」を標榜する中でORANGEの志が出来ていた。

 

ワクワク ORANGE FOOTBALLを楽しみたい

 

 

 #acnp #AC長野パルセイロ  #FC岐阜 #PRIDEOFNAGANO  #長野をオレンジに






Gallery


ビッグフラッグ


2022年 PRIDE OF NAGANO