パルセイロを愛するサポーターの部屋



次の試合


AC長野パルセイロ第31

AC長野パルセイロ vs アスロクラロ沼津

11 月17日(月)13:00キックオフ

長野Uスタジアム

 

 

 


AC長野パルセイロについての情報です



第30節AC長野パルセイロ vs カターレ富山



先発は

GK…阿部(#16)

DF…左から浦上(#30)、遠藤(#26)、下口(#33)

MF…左から内田(#18)、新井(#24)、岩沼(#6)、三上(#19)

FW…東(#14),斎藤(#39),木村(#11)

交代は60分斎藤→竹下(#27)

   67分三上→大城(#23)

     81分木村→津田(#9)


2019.11.10(日)PM3:00試合開始 カターレ富山

 

アウェー富山戦。昼飯をスタジアム近くの単価が高い専門店風回るお寿司屋で満足に腹ごしらえをして参戦。

前回ホーム(第10節)では1-2の敗戦だった。富山はまだ昇格の可能性が少しだけ残した状況、長野は来季に向けた戦い方の浸透を進めるべきと共に被災した地元に向けてがんばろう長野」を伝えられるかの試合。

 

富山は長野戦まで10試合負けなしの好調を維持していた。

結果は2-1で長野の勝利。ホームの借りを返した。富山はこの敗戦で昇格の可能性は本当に難しくなった。入場者数は5千人超えていた。長野からも多くのサポが参戦していました。Battle of 上信越最終戦!

 

1点目は内田(#18)からのパスを木村(#11)がラインぎりぎりに追いつきセンタリングしたのを相手がオウンゴール。ラッキーだった。あそこまで木村が追い付き余裕で左足を振り抜けたのがオウンゴールを引き寄せた。

 

相手の同点シーンは右からのセンタリングに内田の足が何とかクリアしようとしたボールが富山の花井へのパスとなりダイレクトシュートを決められた。ナイスゴール

 

それまでにアベノブ(#16)が悉くピンチをセーブしてくれた。阿部が富山のシュートを防いでくれ阿部大明神様に見えた。

 

三上と交替で入った大城(#23)が決勝点を挙げた。PA内に侵入して左足を振り抜いた。凄く難しい角度からのナイスシュート。あれはGK弾けない。

大城は短い出場時間でも、出場すれば何らかの足跡を残すし、常にゴールを狙っているのがプレーで分かるもっと出場時間を与えて欲しい。足元の技術とドリブル・スピードを持っていて先発しているFWと比べても優れている点が多いと思う。

ポスト役にはなれないが、2列目からのドリブル突破や素早い飛び出しで相手の裏を取るプレーで得点できるのでは。

 

勝利はしたが 、シュート数4本では物足りない。打つべき又は打てるタイミングで打ててない。PA付近まで攻め込んだ時、シュートで終わる意識を!

横からグラウンダーのセンタリング・パスのダイレクトシュートPA内での如何なるボールでのダイレクトシュートは必須の技術相手守備陣が足でブロックする前に振り抜く為にはダイレクトシュートの精度が要求される。

 

今季もあと4試合と残り少なくなりましたが、昨季までの長野のパフォーマンスと比べると雲泥の差を感じる。昨季までは後半始まり20分以上経過すると足が止まっていた。J3は90分走り切れる体とスピードも要求されるリーグになった。

 

やっとJ3で戦える体に長野はできてきた。ここまで怪我が多かったシーズンでした。

それだけ選手に負荷がかかったと思いますが、J3で戦えない体に対し負荷をかけて、それを克服することで戦える体を形成。だから最近の試合で当たり負けしない、最後まで走れる選手を見ると、来季が楽しみになってきたこの方針は正しいし、やっとJ3で勝つ為のチーム作りが可能になってきたと思う。

 

あと残り試合4試合。どこまで頑張れるか。来季へ希望を持てる戦いをやって欲しい。

 

千尋の谷底へ落ちて這い上がろうとしている。

絶対勝つという気持ちを獅子たちとサポも共有して勝ちたい。

 

  

この長野にパルセイロがある限り、後押しは変わらない。  

 

 Forza Parceiro!

 

カターレ富山さんがホームグラウンドの芝張り替えのため、ホーム最終戦を我らの長野Uスタジアムで11/30に開催されることが決定しています。Uスタのホームゴール裏がブルーに染まるなんて、最初で最後かと思います。観戦しようと思います。富山を応援しながら楽しみたい!

 

#acnp #AC長野パルセイロ  #カターレ富山 #がんばろう長野






Gallery


キックオフパーティ(3/3)

ビッグフラッグ


2019年一体感for Dream